復興デパートメント

唐桑の天然潜水うに 塩ウニ60g
ストア
フロア

2011年3月11日の大規模な地震、津波、原発事故によって、
被災地となった東北は多くのものを失ってしまいました。
それでも、この地震に耐え、津波に流されることもなく、
原発事故をうけてもなお、
確固としてそこから揺るがなかったものがあります。
それは「自分たちの故郷をなくしてはならない」という強い想いでした。

これからもこの故郷で生きていく。
その想いを持つ人たちが集い、ひとつのプロジェクトが立ち上がりました。
東北の息吹を感じる想いのこもった様々な商品を紹介していく、
「復興デパートメント」プロジェクトです。

自然豊かな地域で育まれた農作物や海産物、
東北の歴史が息づく伝統工芸品、優しい味に笑顔がこぼれるスイーツ、
東北には昔から魅力的な商品がいっぱいあります。

復興へと走り始めたお店はまだまだ少ないですが、
「復興デパートメント」では全国のお客様と東北のお店を
ひとつひとつ繋げ、被災地から少しでも多くのお店、商品、
そして生産者を紹介していきます。

被災地の方々の、復興に対する強い気持ち。
一日も早い復興を願う、あなたの切なる想い。
みなさんにこのデパートへお越しいただくことが、
被災地復興への大きな一歩になります。

売る人と買う人の、復興を信じる心が行き交うインターネット百貨店、
「復興デパートメント」オープンです。

◆復興デパートメントの仕組みについて

復興デパートメントは様々な人・団体・企業が協力する開かれたプロジェクトです。

復興デパートメント構成図

◆「復興デパートメント」の安全性に対する取り組みについて

「復興デパートメント」で食品を販売する各店舗(ストア)は、地域や各商品など、各店舗の状況に応じ、個別の安全対策を行っています。
さらに、「復興デパートメント」プロジェクトでは、当プロジェクト内で食品を販売する店舗(ストア)に対し、以下の働きかけを行っています。
●原子力災害対策特別措置法に基づく厚生労働省からの出荷制限の発表などをもとにした、各店舗(ストア)に対する注意喚起および対象商品の取り扱い停止に関する働きかけ。
●上記の注意喚起に加え、各自治体が独自に出している要請に基づいた注意喚起および対象商品の取り扱い停止に関する働きかけ。

「復興デパートメント」プロジェクトでは、都度上記の対応を行うとともに、今後も店舗(ストア)と連携し、お客さまに安心して商品をご購入いただける仕組み作りに努めて参ります。

<ご参考>
厚生労働省 食品中の放射性物質の検査について
http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/shokuhin.html